ストロー笛の作り方や吹き方のコツ!音階の原理(リードや長さ)も

ストロー笛の作り方や吹き方のコツ!音階の原理(リードや長さ)も!

ストロー笛の名人芸を見てみてくだし!(少し古い動画ですので画像が粗いです)

 

ここまでストローで演奏できるなんてびっくりです!

この方はストロー奏者なのですが、こんな風にしてストローで笛を作れたらステキですし、子供達にとってもステキな工作になりますね。

今回はそんなストロー笛の作り方に関していろいろと調べてみました。

  • ストロー笛の作り方のコツ!
  • ストロー笛の吹き方のコツ!
  • ストロー笛の音階の原理:リードや長さ


スポンサーリンク



ストロー笛の作り方のコツ!

まず、音階のない簡単なストロー笛の作り方を紹介します。

必要な物は「曲がるストロー」と「はさみ」のみです。

作り方は簡単です。

1.ストローの先端を左右対称に斜めに切ります。

鋭い角度に切ると良いですよ。
ストロー笛の作り方のコツ

コツは少し長めに左右対称に切ることです。

横から見るとこんな感じです。
ストロー笛の作り方のコツ2

これだけでもう完成なのですが、音の高さを変化させたい時はストローの真ん中あたりに穴を開けてくださいね。
ストロー笛の作り方のコツ3

先端部分が硬いと上手く音を振動してくれませんので、吹く前に先端部分をもみほぐして柔らかくするか軽く噛んであげましょう。
 

では、次に音階のあるストロー笛の作り方を紹介します。

材料は
・ストロー10本
・はさみ
・セロハン
・ペン
・はんさみ
・定規
・紙

①音階を決めて数値を紙にはかってとります。
・ド:21cm
・レ:18.7cm
・ミ:16.6cm
・ファ:15.8cm
・ソ:14.1cm
・ラ:12.4cm
・シ:11.1cm
・高いド:10.5cm

これをストローに印をつけていきます。
ストロー笛の音階の原理

②ストローの底をテープで塞ぎます。

コツは絶対に空気がもれないようにテープを二重に貼ることです。
ストロー笛の音階の原理2

③支えのストローに残りのストローをさして完成です。
ストロー笛の作り方のコツ4

このストロー笛は音階がしっかりしているので本当の笛と同じ感じに吹けます。


スポンサーリンク



ストロー笛の吹き方のコツ!

ストロー笛は簡単に鳴らせるわけでもなく、吹き方にコツがあるようです。

コツは、口で軽く噛みながら思いきり息を吹き込むことです。

ストロー笛は吹き口の隙間が開きすぎていると音が振動しづらくなりませんが、近すぎても空気の流れが遮断されてしまって音が鳴りづらいそうです。

また、息を吹き込む力が弱いと上手く鳴らすことは出来ませんので思い切り息を吹きましょう。

さらに深く加えると音が出やすいという人もいました。

どうしても音が鳴らないという方は以下の方法を試してみてください。

1.ストロー笛を口に加えて思い切り息を吹きます。
2.息を吹き込みながらそのまま吹き口を少しずつ噛んでいってつぶしていきましょう。

こうすることで調度良い所まで来るとビーッとなるはずです。

ストロー笛の音階の原理:リードや長さ

ストロー笛の音階の原理って決まっているようなんです。

ピタゴラスの定理とかありますが、私にはよくわからない…ので決まっている倍率を紹介します。

(倍率)
ド:1
レ:0.89
ミ:0.79
ファ:0.75
ソ:0.67
ラ:0.59
シ:0.53
高いド:0.5

例えば、先程は低いドの長さは21cmとしています。

つまり次のような計算になります。

・ド:21cm (21×1)
・レ:18.7cm (21×0.89)
・ミ:16.6cm (21×0.79)
・ファ:15.8cm (21×0.75)
・ソ:14.1cm (21×0.67)
・ラ:12.4cm (21×0.59)
・シ:11.1cm (21×0.53)
・高いド:10.5cm (21×0.5)

基本的に「ドのストローの長さ」×「倍率」=「音程の長さ」になるのでこの式に数字を当てはめると音階が出てきますよ。

長さが長いほど低い音になり、長さが短いほど高い音になります。

また、先端の吹き口(リード部分)を大きく平たく切ると低音が出やすいそうです。

この切り口だけでなく、
ストロー笛のリード

片側だけ削り取るように切ってリードをつくるやり方もありますし、
ストロー笛の長さ
(この切り方は比較的音が鈍く低い音が出るようです。)

こんな風に平たくしてリードを作っている人もいます。
ストロー笛の吹き方のコツ

(口先がとがると小さいお子さんは危ないので、この平たいリードが良いかもしれません。)

他にもいろんな作り方があるそうですので、お子さんが作る中でお子さん自身がいろいろと発見し、工作が好きになるかもしれません^^

気軽に作ることができますので、ぜひ一緒に作ってみてください♪
 

以上、今回は

  • ストロー笛の作り方のコツ!
  • ストロー笛の吹き方のコツ!
  • ストロー笛の音階の原理:リードや長さ

について紹介しました。

ストロー笛って奥が深いですね、驚きました。

学校の理科の勉強で習う方もいるみたいですね!

ストロー笛は材料が少なく、作り方も簡単なのでぜひチャレンジしてみてください!


スポンサーリンク



最後までお読み頂いてありがとうございました。

もし記事が参考になりましたら、下のSNSボタンをポチッとして頂けると嬉しいですm(_ _)m

コメントを残す

CAPTCHA