忘年会挨拶文の例文(文例)まとめ!乾杯や締めの文例で恥をかくな

忘年会挨拶文の例文(文例)まとめ!乾杯や締めの文例で恥をかくな!

忘年会で幹事を任された方々。

当日もですが、準備も忙しいでしょうね。

そして悩むのはずばり!忘年会の挨拶文の紹介です。

なんていったら恥をかかずにかっこよく乾杯や締めの言葉を言えるのか、考えますよね。

そこで今回は、忘年会挨拶文の例文(文例)をまとめて紹介します。

  • 忘年会挨拶文の例文(文例)まとめ:乾杯の文例
  • 忘年会挨拶文の例文(文例)まとめ:締めの文例


スポンサーリンク



忘年会挨拶文の例文(文例)まとめ:乾杯の文例

忘年会乾杯の挨拶は短めにするのが基本です。

運ばれてきた食事を皆さん手を付けずに待っているのですから、ダラダラ長くせずに短い挨拶にしましょう。

また、挨拶に入れるのは、1年の苦労や努力をねぎらう言葉、反省、誓い、楽しみましょうという結びの言葉を使用するのが一般的に良い挨拶だとされています。

それでは、会社の忘年会での乾杯の挨拶の例文を紹介します。

今年は色々と大変な年でした。

大変なことも多々ありましたが、皆で協力し乗り越えて来られたことを今日実感する事ができて胸がいっぱいです。

来年には今年の頑張りが花開くものだと思います。

今夜は多いに食べて飲んで英気を養いましょう。

それでは乾杯の音頭をとらせていただきますので皆さんご唱和をお願いします。

今年もありがとうございました。乾杯!

 

※会社によっては「お疲れ様でした」が失礼だという所もあります。

「お世話になりました」「ありがとうございました」が当たり障りなくていいようですよ。

先程よりも短い例文を紹介します。

それでは乾杯の音頭をとらせていただきますので、ご唱和をお願いします。乾杯!

 

皆さん、今年1年お世話になりました。時間が許す限り、飲んだり食べたりして1年の疲れをとって英気を養ってください。それでは、乾杯!

 

もしかしたら、取引先での忘年会の挨拶をお願いされることがあるかもしれません。

その時は、取引先に失礼のないようにお世話になってありがとうございますという文を入れましょう。

お忙しい中お時間をいただきましてありがとうございます。

今年も◯◯株式会社様には大変お世話になり、御礼申し上げます。

それでは乾杯の音頭を取らせていただきますのでご唱和をお願いします。

日頃の感謝と変わらぬお力そえをお願いいたしますとともに◯◯株式会社様のますますのご発展をお祈りいたしまして、乾杯!

 

会社の忘年会の際は、社長や役職が上の方の場合は部下の方々に「ありがとうございます」とお礼を文へ入れると印象が良くなります。
 

忘年会挨拶文の例文(文例)まとめ:締めの文例

締めの挨拶も電車時間が迫っている人や二次会に行く人、中にはお手洗いに行きたい人もいるかもしれませんので短めにしましょう。

さらに和室の場合は、くれぐれも畳の縁を踏むのと座布団を踏みながら話さないように注意をしてくださいね。最低限のマナーには注意しましょう。

それでは忘年会の締めの挨拶の例文を紹介します。

ご指名に預かりました(部署の名前等)の(名前)です。

(3本締めか1本締め)にて締めさせていただきます。

皆様、お立ちください。

本日お集まりの皆様の健康と我が社の発展をお祈りいたしまして、お手を拝借します。よ~っ。

 

※3本締めか1本締めかはその場の雰囲気を見て決めましょう。

特に周りが静かな場所だと1本締めで早々に終わらせることが好ましいです。

どんなに大変な年だったとしても必ず明るく締めましょう。

ご指名により(部署の)(名前)が締めのご挨拶をさせていただきます。

今年は◯◯で大変でしたが、▲には◆という嬉しい話題もありました。

この場にいる全員の努力の賜物で本日この会をこうして迎えることができました。

これもひとえに皆様のお陰だと思います。ありがとうございます。

お正月はゆっくり休み、◯日には元気に会いましょう。

当社がますます栄えますように祈念いたしまして締めの挨拶とさせていただきます。

それでは3本締め(1本締め)で締めたいと思います。お手を拝借、よ~!

 

以上、今回は

  • 忘年会挨拶文の例文(文例)まとめ:乾杯の文例
  • 忘年会挨拶文の例文(文例)まとめ:締めの文例

を紹介しました。

大体の文は決まっていますので、後はあてはめるだけで完成します。

最後の締めの挨拶は皆盛り上がっていますので、大きい声で話してくださいね。


スポンサーリンク



最後までお読み頂いてありがとうございました。

もし記事が参考になりましたら、下のSNSボタンをポチッとして頂けると嬉しいですm(_ _)m

コメントを残す

CAPTCHA